本文へスキップ

信更地区住民自治協議会 では、田舎暮らしを応援しています。

長野市の取り組みNAGANISHI

長野市は移住・定住事業に積極的

平成27年4月から企画政策部に「人口減少対策課」を設置するとともに「移住・定住相談員」を配置 「人口減少対策課」は「人口増推進課」に名称変更
NPOふるさと回帰支援センター」等が主催する東京、大阪等のイベントに積極的に参加
市内全地域の「空き家バンク」開設
2016/02/18、長野市移住促進プロモーション動画公開



全国移住ナビ 長野市ページ(外部サイト)

長野市の仕事住まいをいろいろな条件からみられます。

信更町の種もみ圃場が映っていますので、ぜひご覧ください。


○長野市は「長野市空き家バンク制度」と「長野市移住者空き家改修等補助制度」を実施
長野市は平成27年11月中旬から、「市空き家バンク制度」を行っています。



長野市空き家バンク制度

また、今まで中山間地域のみを対象としていた空き家改修等補助制度を、平成31年度・令和元年度から市内全域を対象とした「移住者空き家改修等補助制度」に変更し行っています。


移住者空き家改修等補助制度
○長野市移住者起業支援金
長野市は、移住及び起業の促進並びに地域振興を目的とした「長野市移住者起業支援金」制度を平成28年10月3日に開始しました。

制度概要
市内に移住して起業する50歳未満の方に対して、起業に係る初期投資費用(上限100万円)を支援する制度です。

詳細につきましては、長野市役所人口増推進課、移住・定住相談デスクまでお問合せください。

長野市移住者起業支援金について
https://www.city.nagano.nagano.jp/site/iju/145241.html
○新規就農者への情報(2017/01/12更新)
1 まずは農業の基本を学ぶ
 農業を初めて行うには、まず農業の基本を学ぶことが重要で、
 長野市には研修制度と研修費助成制度があります。

2 研修支援(市独自事業)
 〇研修先 長野農業大学、里親農家(一般の農家で市が指定したもの)
 〇助成金 年間最大120万円(月割給付)
      農家子弟以外は3年間以内
 〇対象  40歳以下 研修終了後1年以内には就農する
3 営農資金助成制度(市独自事業)
 農業経営資金の一部を助成するもので(就農から2年以内の人に)、
 新規就農者は120万円を2年間月割給付、40歳以下の人。
4 国庫事業
 青年就農給付金事業として、「準備型」と「経営開始型」があります。
 ※長野県(地方事務所農政課)への申請になります。
5 農地の取得や賃借の相談は、「田舎暮らし案内人」がサポートします。
6 信更町には、どんな農業があるか
 稲作、リンゴ、ワイン用ブドウ、野菜、ブルーベリー、ソバ等、
 案内人がサポートします。
7 農業をするにあたって必要な機械等
 軽トラック、耕耘機等中古品の取得にあたり、案内人がサポートします。
  ○移住者を対象にした農地取得面積の緩和について

バナースペース

信更地区住民自治協議会

〒381-2351
長野県長野市信更町氷ノ田3180-1

TEL 050-3583-2071
FAX 050-3583-2071
E-mail shinkou207@ngn.janis.or.jp